キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 若手人材が不足している建設業界 : 建設求人で差をつける

建設求人で差をつける

若手人材が不足している建設業界

働く人の3分の1が55歳以上である建設業界は、平均求人倍率が4倍強と慢性的な若手不足状態が続いています。
建設求人で差をつけるimage
若手人材が不足している建設業界

若手の人材が不足している業界の1つが建設業界です。

これは、2000年以降から続いた建設投資の縮小によって求人、採用を抑えたことと、若者が低賃金と厳しい労働環境である建設業を敬遠していることから起こったことと言えるようです。

2020年に東京オリンピックが開催されることになったこと、そして、未だに東日本大震災の復興作業に多くの職人が必要であることから、建設業界の人手不足は、さらに深刻化してしまっているのです。

総務省のデータによると、ほとんどの建設業者では、働く人の3分の1が55歳以上であり、このままでは、多くの人が引退をする10年後には29歳以下の若者は、なんと10人に1人という予測をだしています。

平均求人倍率が4倍強と、求人を出しても若者が興味を示さない要因の1つであるのが低賃金で、建設現場で働く人の平均年収は400万円前後と、他の産業と比べて30%程低い結果となっています。

また、近年の異常気象で、夏の暑さや冬の寒さに耐えることができずに1年目にして辞めてしまう若者も少なくないのが現状のようです。

若い人の建設業離れに歯止めをかける対策として、国土交通省と厚生労働省から、人材養成をバックアップする「建設人材不足対策」が発表されました。

この対策によって具体的に行なわれることは、学生や若い求職者へ建設業の魅力をアピールすることを初めとし、ハローワークでは、建設業者とのマッチングを強化したり、企業が若者の職業訓練をする場合、助成をしたりすることなどです。

この記事へのコメントを募集しています。

名前

コメント